ヴィディヤコーヒーにようこそ!

最高級のインド産コーヒー

ヴィディヤコーヒーの特徴は、
生産の殆どが高級なコーヒー豆を消費しているヨーロッパ向けに輸出されているインドコーヒー豆の最高級品を初めて日本に直輸入し、ストレート、又はブレンドコーヒーの一部に使用している事です。

より良いコーヒー豆を作るのは、天候と土壌、そして生産地の高度が非常に
重要な要素であり、収穫も一粒ずつ丹精を込めて丁寧に手摘みされたコーヒーです。

最高級のインド産コーヒー
豊かな経験と高品質のこだわり

豊かな経験と高品質のこだわり

コーヒーは生き物です。
コーヒーの命は新鮮さと薫りです。

芳醇な薫りはお客様一人一人にきっと満足して頂けると思います。
一人でも多くのお客様に美味しく飲んで頂けるように、入荷した都度、40年に渡り世界のコーヒーマーケットのコーヒー原料豆の仕入れを担っていたベテランのカップテスターにて品質チェックを行い、吟味されています。

ブィディヤコーヒーのプランテーション

ヴィディヤコーヒーのコーヒープランテーションはインド・カルナータカ州の都市、チクルマガルル、西ガーツ山脈の一部であるインドのコーヒーの中心地域に位置しています。

西ガーツ山脈は、動植物が豊かであり、自然科学の多様性ホットスポットの1つです。 大自然の中果物や胡椒などの香辛料、カルダモン、シトラス、バニラなどとコーヒーは大自然の中で共に育てられます。

ウィディヤコーヒーは輸出用の最高級の生のコーヒー豆を調達するためにプランターやトレーダーとの優れたネットワークを構築しています。

ヴィディヤコーヒーのプランテーション
コーヒー生産国第5位のインド

1位=ブラジル、2位=ベトナム、3位=コロンビア、4位=インドネシア

インドとコーヒー

紅茶のイメージが強いインドですが、コーヒーの生産国世界第5位で、南インドでは珈琲のほうがよく飲まれています。

南インドはちょうどコヒーベルトに位置しており、コーヒー栽培に適しており、その歴史は400年ほど前から。
実は、紅茶の栽培より歴史は古いんです。