国内拠点へのアクセス方法
spaceヴィディヤジャパンの ヴィディヤジャパンのインスタグラム ヴィディヤジャパンのツイッター
総合トップ >  製品 ・ コーヒー > Quarity Control

品質管理 
- Quarity Control -

安心安全な製品を製造し、品質を安定させることは企業としての責任です。

私たちは安心安全な製品作りのために様々なことに注意を払っています。

※大阪門真工場は、コーヒー豆の製造(焙煎・粉砕・包装及びドリップバッグ包装)について、食品安全マネジメントシステムFSSC22000の認証を取得しています。 

コーヒーに関する
すべての工程を熟知

コーヒーに関するすべての工程を熟知

私たちはインドにコーヒー農園及び精選工場、インスタントコーヒー製造施設などを所有しており、輸出・輸入、日本国内でのコーヒー焙煎、様々なタイプの包装を行える設備を有しています。

コーヒーノキの種の状態からコーヒー製品を生産するための工程を熟知しており、その知識が安心安全で安定した品質の製品作りの基礎となっています。

VIDYA COFFEE(インド)の
取得している認証

VIDYA COFFEE(インド)の取得している認証

VIDYA COFFEE(インド)では、自然や労働などの環境に配慮する農園のUtz(Good Inside)認証(現在はレインフォレストアライアンス認証と合併)、食品安全マネジメントシステムFSSC22000や、米国の有機栽培の認証である『USDA(米農務省)認証 オーガニック』、衛生と食品安全の要件を標準化する『NSF規格』などの認証を受けています。

これらの認証機関が、定期的に現場を確認しルール通りに運営されていることを認証した農園および工場においてコーヒーの生産が行われています。

熟練焙煎士による安定した焙煎

コーヒー鑑定の有資格者によるチェック

焙煎歴20年以上の工場長と、毎日10~20回の焙煎を2年以上繰り返している焙煎士を中心に安定した焙煎を行っています。2021年内の新工場竣工に向け若手焙煎士も育成中です。

コーヒー鑑定の
有資格者によるチェック

コーヒー鑑定の有資格者によるチェック

輸入される生豆、仕入れ生豆、焙煎コーヒー製品などの品質に問題がないか、「CQI認定Qグレーダー」「J.C.Q.A.認定生豆鑑定マスター」のコーヒー鑑定の有資格者であることに加え、SCAJ主催の競技会で3年間の味覚審査員(センサリージャッジ)経験のある熟練カッパーが品質を確認しています。

色差計で焙煎度を数値化

色差計を使用して焙煎度を数値化

焙煎されたコーヒーが基準どおりに焙煎できているかを確認するために色差計を利用することで、客観的な数値を基に品質管理を行っています。

製品の包装品質確認

製品の包装品質確認

コーヒーの長期保存のためには酸素を進入させないガスバリア性の高い包装資材による密封と、酸素の不活性ガス置換もしくは脱酸素剤の使用が必要です。

残存酸素濃度は1%未満に設定する必要があり、その基準を満たしているかを検査するために酸素濃度計による残存酸素濃度測定を行い、密封されガスバリア性が担保されているか水没テストをおこなっています。

FSSC22000認証取得

製品の包装品質確認

大阪門真工場は、食品安全マネジメントシステムFSSC22000を取得しています。

この認証はISO9001の一部とISO22000、HACCPを包括した内容であるうえ、追加要求事項により更に厳しい条件をクリアすることを求められます。

認証範囲はコーヒー豆の製造(焙煎、粉砕、包装及びドリップバッグ包装)となっており、安心安全で美味しいコーヒーを製造できる環境を維持しながら大阪門真工場は運営されています。

ECサイト:アルファシノディアへのリンク
PAGETOP
ECサイト:アルファシノディアへのリンク
お問い合わせ